印刷業者の専門化の動き

以前は印刷業者というと依頼されたものを印刷して提供する業者であり、一般的な書類からチラシやポスター、名刺に至るまで幅広く取り扱っているのが典型的でした。現在でもそういった印刷一般を取り扱う業者は残っており、多くの人からの依頼を受けて柔軟な対応を行っています。一方で、印刷業界においては印刷の専門化が著しく進行してきており、チラシを専門に印刷をする業者や名刺印刷に特化した業者等が多くなってきています。

専門化が進むことによる恩恵

印刷における専門化が進んだことによって無数の印刷業者が存在するようになりました。その結果として顧客獲得競争が進み、価格の安さや納期の短さ、オプションの多さや品質の高さ等、同業の他社とは異なる面で特徴を出した印刷業者が各々の専門分野で増えることになりました。これによって利用者側は大きな恩恵を受けられるようになりました。重視したい要素を選んで、それに特化している業者を選ぶことができるようになったのです。

印刷業者における品質と価格の争い

専門化が進んだことによって各業者では準備しなければならない設備もある程度制限できるようになり、作業も効率化することができるようになったという恩恵がありました。これは結果としてコストダウンにつながることから、価格競争が顧客獲得の最も大きな土俵として注目されるようになっています。しかし、安ければ良いというわけでもないのが実情であり、それに対抗して品質を求める人を顧客とする業者も存在しています。うまく住み分けができるようになってきているのが現状の印刷業界なのです。

封筒印刷とは、文字通り封筒に印刷することなのですが、家庭用プリンターでは普通のコピー用紙に印刷するのと違って厚さや紙質があるので難しいので枚数が多い場合は業者に頼む方が安く綺麗に出来ることがあります。