秘書とはどんな仕事なの?

秘書とは、企業の社長や役員、医師や政治家、弁護士など、上司が仕事に集中できるように庶務のすべてを管理、処理して裏で支える補佐的な役割を担っている仕事です。社長や役員などは多くの重要な業務をこなすため、毎日多忙なため、秘書が上司のスケジュール調整や管理、外部との連絡などを行い、上司の仕事をサポートしなければならないんですよ。近年では、3ヶ月から半年といった短期間で派遣会社から派遣されている秘書も多いようです。

派遣秘書として働くメリットとは

企業側が派遣秘書を雇うメリットとして、企業側は正社員として秘書を雇うよりもコストが抑えられる、期限付きなので、忙しい時期だけ雇うことができるというメリットがあります。また、派遣秘書側は、一時的に働きたい時や、派遣先と合わなかった場合には契約を更新せずに辞めるといったメリットがあるので、とても働きやすいんです。派遣秘書は正社員と同様の仕事内容をこなさなければならないので即戦力が求められますから、経験者が優遇されるようですよ。

派遣秘書は給料が高い

派遣秘書は、正社員秘書と違い時給制です。時給は1500円から2000円前後で、基本的にボーナスなどの賞与などは支給されません。正社員に比べて優遇されないものの、派遣社員であっても残業代や休日出勤などはしっかりと支給されるので、正社員に近い給与が得られる上、自分の希望する働き方ができるので、派遣秘書という働き方はメリットが大きいといえます。派遣として働く場合は事前に派遣会社に条件などをよく確認しておきましょうね。

秘書の派遣では結婚している女性もたくさん活躍しています。週3日から、時短勤務など子供がいる方でも働きやすい条件の求人もあります。