倉庫というものから想像すること

倉庫のイメージと言えば、映画の舞台になったり、横浜の赤レンガ倉庫などの大きな建物をイメージするかもしれません。食品を管理する倉庫では24時間冷房が効き、寒さ対策が必要ですし、部品や製品の管理なら逆に冷房もなく、夏は蒸し風呂と化します。倉庫内はガランとした殺風景な灰色の景色で、コンクリートの柱が何本も建っているような、そんな雰囲気の中で作業をするのが倉庫業のイメージでしょう。倉庫ではいかに商品を傷つけずに、しっかりした管理で在庫違算を無くすかといった点が重要になります。

どれだけ効率良く管理出来るかが鍵

限られた敷地やフロアにどれだけの商品を保管出来るかという問題があります。自分の引出や自宅の台所などでもアイディア収納といった工夫が必要なのと同じです。倉庫も同じように省スペースでたくさんの在庫を管理出来れば、多くの取引が出来る訳です。そこで活躍するのがフォークリフトとネステナーです。ネステナーは三段から四段ほど組み上げることが出来、固定棚では不可能なレイアウトをフォークリフトで作ることが出来ます。限られたスペースを有効に活用することで、より多くの在庫を保管することが可能になります。

ハイテクノロジーな時代の倉庫業

ネットワークが普及した現代においては、倉庫内での作業もコンピューターで管理出来るようになっています。自動倉庫ならバーコードでロケーションから自動出庫することが出来ます。人がやっていた従来のロケーション出庫を機械で行うため、作業工数が格段に減るメリットがあります。商品が正しい位置に入庫されていれば、機械は絶対に誤出庫しません。人件費削減、作業工数削減が可能となり、作業者の教育などの時間を作り出すことが出来れば、企業の発展に繋げることも出来ると言えるでしょう。

倉庫のバイトはダンボールにパッケージ製品を詰めたり、判子を押して所定の輸送場所にパレットに乗せて運んだりします。