利用者に発見してもらう

人気のある繁盛店を作るためには、リピーターの確保が必至です。そのための一歩として新規客というものも増やしていかなければならないのです。必要価値の高い分野におけるジャンルであれば、インターネットを利用した宣伝が効果的ですが、特定なしに広くアピールしていくのには看板が効果的です。町の一等地に立っているからといって、誰も見向きもしない看板では、歩く人に足を止めてもらえないでしょう。そのサービスがどんなに素晴らしくても、目立たないのなら存在していないのと同じです。チャンスを活かして適切な場所に看板を設置していきましょう。

歩く人々に魅力を感じてもらおう

看板を製作するにあたっては、お店の特徴をアピールしてセールスポイントを分かり易く伝えるということが重要になります。例えば、皆さんはどんな居酒屋を利用したいと思うでしょうか。消費者側のニーズは十人十色、様々にあります。赤ちょうちんのしたで、昭和の雰囲気を醸し出しながら静かに飲みたい人もいれば、たまには騒いで無礼講で騒いで飲みたいという人もいます。看板を一目見れば、そこの居酒屋がどんなタイプの居酒屋なのかがすぐに分かるような看板を作ることが大事なのです。

お客を誘導してくれる看板

実際にお店に入ってもらえれば、看板としての役割を十分に果たしていると言えます。お店の前で立ち止まってくれたのに中に入ってはもらえなかったり、足を止めることは出来たがすぐに歩き去ってしまったとういう場合などは何かしらの原因があると言えます。こうした場合の原因としては、宣伝文句のインパクトはあるのに価格の表示がない、店内の雰囲気が分からないから入る人を不安にさせてしまうなどの理由が挙げられます。地下にある飲食店やビル内に複数のお店が入り込んでいる場合、外に設置された看板が非常に魅力的なのに入り口や何階のどこのフロアにあるのかで迷ってしまう例もあるのです。「発見してもらう」「特徴や売りを伝える」「足を止めて誘導する」という三つの要素を意識して、集客アップさせる看板を設置しよう。

看板とは、いろんな案内などをしてくれる置物。これの近くには、そこに何があるかを知ることができる置物。たとえば、危険な場所の場合の手前に、これがあれば安心で気をつけて、通行できることができます。